ソリューション

セキュリティ、導入・管理コスト…その先に「仮想化」ソリューション

すでに仮想化テクノロジーは着実に企業のITシステムに浸透しつつあります。そもそも仮想化テクノロジーとは、コンピュータを複数のユーザ、また複数OSなどのプログラムでシステムリソースを抽象化、多重化、統合化する技術の総称です。

現在の主なソリューションとして、1台の物理サーバに複数のOSを稼働させ、サーバリソースを統合、各種機能を多重運用する「サーバ仮想化」、また、サーバ上にクライアント用OSを稼働させ、ユーザプロファイルからアプリケーションまでもサーバで一元管理し、シンクライアントなどの端末機器でデスクトップPCとして利用する「デスクトップ仮想化」などから成り立っています。

この仮想化テクノロジーは、ユーザ企業様の情報漏洩などのセキュリティ、導入・管理コスト削減、サーバリソースの最適化などの解決策として、クラウド・コンピューティング時代のメインソリューションです。
私たちカビネットの役割は、「いつでも、どこからでも企業内リソースに安全にアクセス」、そんなソリューションでユーザ企業様のITシーンを舞台裏から演出していくことだと考えています。

仮想ソリューションイメージ図

仮想ソリューションイメージ図